電源切るぞその2(私のシャープザウルスMI-L1の使い方その3)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

前回は、「電源きるぞ」というMOREソフトについてお話ししましたが、今回は、その「電源きるぞ」の補足説明を画像を取り入れて述べていこうと思います(^^)/

液晶画面にメニューがあるザウルスというのは、以下のようなザウルスです。
これは、現在でも現役ユーザーが多いと思われる名機MI-C1です(^O^)

MI-C1の全体の画像

電源のハードボタンがあるので、このボタンを押して電源を入れます。

MI-C1の電源ボタン付近の画像

電源を切る際は、液晶画面のメニューの「切」ボタンをタッチして電源を切ります。
どんなソフトを起動させた状態でも、この「切」ボタンをタッチすれば、直ぐに電源を落とすことが出来るので便利なのです( ̄ー+ ̄)きらりん!

MI-C1の液晶画面のメニューの画像

それで、MI-L1ですが、通常は、電源のハードボタンを押して電源を入れ、電源を切る際は、このボタンを長押しして、電源を切ります。

MI-L1の電源ボタン付近の画像

でも、これではストレスになる時があるので、「電源きるぞ」を導入する訳です(^O^)

では、例として、電源を切ってみましょう(^^)/

例えば、「スケジュール」を起動させているとします。

MI-L1でスケジュールを起動させた画像

それで、「ホームインデックス」ボタンを押して、「オリジナルインデックス」画面に戻ります。

MI-L1のホームインデックスボタン付近の画像

「電源きるぞ」をタッチすると、電源を切ることが出来ます!

MI-L1の「電源きるぞ」をタッチしている画像

私は、「オリジナルインデックス」の左上に、「電源きるぞ」のアイコンを持ってきて、「電源きるぞ」が選択されている状態で、「決定」キーを押して電源を切っています(^O^)
「オリジナルインデックス」を表示させると、必ず、左上のアイコンが選択された状態になっているので、「電源きるぞ」のアイコンを持ってくれば、
「ホームインデックス」ボタンを押す→「決定」キーを押す
という作業で電源が切れるという訳です。

「オリジナルインデックス」上の「電源きるぞ」の画像

MI-L1の決定キー付近の画像

電源をただ切るだけで、こんな面倒なんて、紙の手帳ユーザーなら馬鹿にすると思います(;^_^Aフキフキ
説明すると長い文章になっていますが、やり方さえ解れば、手帳を閉じる感覚で、電源を落せるようになると思います(^O^)

全く違う話ですが、携帯電話の説明書って、分厚いとよく思われると思います。
でも、記載されていることは、上記のような内容が殆どです。
文章で説明すると、文章が長くなって、総合的に説明書が分厚くなってしまっただけ。
ですから、一つずつ、ちょっとずつ、携帯を操作しながら読んでいけば、新聞を読むより、ずっと楽な作業だと思います。
あの分厚さの姿だけを見て、げんなりするのは、外見にとらわれ過ぎかもしれません(^^;

続く、、、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA