夕霧とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

私の夕霧という名前は、紫式部の「源氏物語」に登場してくる夕霧から由来します。

「源氏物語」の夕霧を、みなさんは知っていますか?
夕霧は、あの光源氏と葵の上との子です。
光源氏は知ってますよね?
たぶんご存知だと思うので、ここでは省略します。
葵の上は、源氏の正妻です。
葵は性格上、プライドが高い女性ですが、政治的戦略によって皇太子妃になれなかったことや、その敗れた夢の結果
が、4歳年下の源氏との結婚という理由などから、源氏とそりが上手く合いませんでした。
しかし、段々と二人の夫婦生活が上手くいきそうになり始めましたが、結局、六条の御息所(ろくじょうのみやすんどこ
ろ)という女性の生霊に、葵の上はとり殺されてしまいます。
葵がとり殺される前に、難産の末に産んだ子が、夕霧です。

夕霧は、母親の葵が死んでしまったので、葵の母である祖母によって育て上げられます。
源氏の夕霧に対する学問の教育は、夕霧にとって厳しいものがありました。
夕霧は、源氏の配慮によって、身分が低い六位の学生として学問を学ばせられます。
また、頭の中将(とうのちゅうじょう)という人物の政治的戦略により、恋人の雲居の雁(くもいのかり)との仲を引き裂か
れてしまいますが、夕霧の努力によって雲居の雁との初恋を実らせ、結婚できるようになります。

「身分が高いことによって、思い上がってはいけない。
世間は、身分の高い人をちやほやとするが、いざ、身分の状況がかわってしまうと、世間はすぐに離れて行ってしまう。
しかし、学問がある者は、身分に関係なく、自分の身を立てることができる。」
という言葉を源氏は夕霧に言います。
夕霧はこの言葉を胸に精進した人物です。
私はそんな夕霧が好きなので、同じ名前を使わさせてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA