夕霧が薦めるMIシリーズのザウルス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

2001年8月23日に述べてありますように、私は、2001年5月下旬にカラポケ(MI-310)を新品で購入し、途中でMI-L1に乗り換えたものの、ずっとMIシリーズのザウルスを使用して、7年が経過しました。

既に生産が終了しているMIシリーズのザウルスですし、新品で販売している店舗すら奇跡に近い状況なので、今更、薦めるのもどうかとお思いになるかもしれませんが、オークションでは毎日のように出品されているので、少し述べていこうと思います。

ズバリ!夕霧が薦めるMIシリーズのザウルスは、MI-L1以上のザウルスです!
MI-L1以上とは、MI-L1、MI-E21、MI-E25DCです。
やはり文字入力のことを考えますと、キーボードが内臓されたものが良いと思います。
MIシリーズのザウルスは、かなり日本語変換機能が貧弱ですから(^^;
内臓キーボードとユーザー辞書登録(単語登録)で、貧弱さを補う訳です。

MI-E1未満のザウルスは、ユーザー辞書登録機能はありますが、最大登録単語数が少なすぎます。
MI-E1のユーザー辞書登録ツール(MOREソフト)は、SST(シャープスペースタウン)で提供されていましたが、現在、SSTのサービス終了の為、入手することが出来なくなりました(T-T)
当サイトの「「Sharp Space Town」で提供されている、もしくは、提供されていたサービス一覧」でも、述べています。

内臓キーボートですと、MI-E1も入りますが、キーボードのキーが丸すぎて、入力し辛いと思います。
誤入力しない為に、丸みを帯びたキーボードとして採用されたようですが(^^;
あと、MI-E1は、バックライトON状態ですと、バッテリーがすぐに無くなってしまうのです。

MI-L1から、内臓キーボードのキーは、平らになっています。
MI-E21から、かなり快適なものになりました。

MI-L1は、少し特有な機種です。

・バックライトがありません(ただし、屋外ではかなり見やすい液晶で、バッテリーもMI-E1に比べると持ちます)

・スケジュールの1日表示画面が時間軸になっています(時間を詰めて表示することが出来ません)

(MI-L1の1日表示画面の画像)
MI-L1の1日表示画面の画像

(MI-E1の1日表示画面の画像)
MI-E1の1日表示画面の画像

・ムービープレーヤー、ミュージックプレーヤーがない

あくまでも夕霧が薦めるMIシリーズのザウルスですから、基準は、PIMをメインに使用することを前提にしています。
マルチメディアを求める方には、余り参考にならないと思うので注意して下さい(;^_^Aフキフキ

是非、Yahoo!オークションでも、MIシリーズのザウルスをゲットしてみて下さい(^^)/

2008年10月9日更新



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA