「ラピスラズリ」と「ラピスラズリ(オノトタイプ)」(ペンルームのオリジナル万年筆)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

先月(9月)の16日より、ロングプロダクツとペンルームのコラボレーションによるアセテートオリジナル万年筆の第9弾として、「ラピスラズリ」が販売されています(^O^)

今回の製造も、あの藤本寛氏率いるロングプロダクツ。
第1弾から第8弾までと同様、スチールのペン先で、ペン先の太さが「細字」と「中字」の選択が可能で、ペン軸の素材はアセテートです。
価格は、税込み送料込みで、16,800円。
今回も、限定数が記載されていませんね。
いつもりちょっぴり値段が高いのは、天冠にスワロフスキーのトパーズがあるからでしょうか(^^;
ペンクリップは、第6弾同様、ペンクリップの中心部分が少し細くなっていますね。

「ラピスラズリ」は、以下の画像リンク先から購入できます(^^)/

ペンルーム(楽天市場)

さて、「ラピスラズリ」と同じ日に、同店で、「ラピスラズリ(オノトタイプ)」も販売されています(^O^)
アセテートオリジナル万年筆のオノトタイプは、「ブルーのきらめき(オノトタイプ)」が第1弾だったので、今回が第2弾となります。
ペン先は、第1弾同様、14Kで、「細字」と「中字」の選択が可能。
価格は、税込み送料込みで、35,700円。
初回生産50本とのこと。

「ラピスラズリ(オノトタイプ)」は、以下の画像リンク先から購入できます(^^)/

ペンルーム(楽天市場)

うむむ、、、
特集記事「岡田純一郎が語る<ラピスラズリができるまで>」(ペンルーム 楽天市場)を拝見しましたが、「ラピスラズリ」に掛ける情熱をひしひしと感じました!

カテゴリー「万年筆」
カテゴリー「文房具」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA