MI-L1のタッチペンが壊れる、、、

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

久し振りに、PA-Z700とPI-6000の電源を入れた。
PI-6000は、単4電池2本以外に、ボタン電池(CR2025)が必要なので、引き出しにあったものを使用した。
しかし、電池が消耗しているらしく、電源が入っても、「メモリー保護用電池が消耗しています!」というメッセージが表示され、それメッセージ以降、電源が入らない、、、

消耗しているボタン電池を入れておいても仕方なく、MI-L1のタッチペンで取り外そうとしたら、、、
「バキッ!」という音が、、、( ̄○ ̄;)!お、おい
タッチペンの先端を固定している部分にひびが入ってしまった(TOT)
でも、完全に割れていなかったので、まだ使えそうだ。
今度、瞬間接着剤で修理しておこう。

壊れたMI-L1のタッチペンの画像

ダイソーで、ボタン電池を調達。
以前までは、ボタン電池2個セットで税込み105円だったが、最近は1個で税込み105円になっているので、1個購入する目的だった。
しかし、運良く2個セットのものがあり、それを購入した。

PA-Z700の電源は、単3電池1本なのが素晴らしい!
保護電池というものが要らないのだ。

PI-6000にはデータを何も入れていないが、PA-Z700にはデータがまだ入っている。
そのデータは、11年前に入力したデータなのだ!
アドレス帳に、ウォッチマンが表示されているのを見て、妙に懐かしさを感じた(^^;

この機種のどちらかを使ってみようかと思ったが、アクションリストのカテゴリーが分類できないことと、PA-Z700のメモ帳の集計表データが、MIシリーズのザウルスに転送できないなどの理由から、使用を見合わせることになった、、、
って、今更、これらを使おうと思うのが間違っています?(^^;



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA