カレイド(XM-700)とテリオス(HC-AJ2)購入

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

本日(2/3)、CASIOの「CALEID(カレイド)XM-700(以下、XM-700と述べる)」を購入した。
購入価格は、税込み3150円。
この機種はコレクター向けと言えるようなもので、税込み1050円くらいの価値しかないと個人的に思うが、未使用品のようだったので購入に至った。

単4電池が同梱されていたが、液漏れをしているような跡があった。
早速、ダイソーで単4電池と液晶保護シートを購入しに行き、その後、喫茶店に行った。

この様に、単4電池を3本入れる。
単4電池を3本入れるPDAは、珍しいかもしれない。

XM-700に単4電池を入れた画像

電池蓋をはめ、ロックすると、ザウルスなら画面が表示されるが、何も表示されず焦った( ̄○ ̄;)!お、おい

起動しなかったXM-700の画像

画面をタッチすると難なく起動した\(^o^)/

XM-700が初めて起動した画像

その後、どういったソフトが入っているか、色々試した。

液晶保護シートを上に乗せたXM-700の画像

液晶を傷付けたくないので、購入した液晶保護シートを添付したかったが、サイズが少し大きく、カットが必要だったので、とりあえず上に乗せて、画面をタッチした。

XM-700と一緒に購入した液晶保護シートとダイソーの単4アルカリ電池の画像

(使用した感想)
「PDAとしては使えません!」

手書き認識がかなり悪い。
ザウルスPI-6000より悪いと思った。
変換もかなりおバカ。
カラポケ(MI-310)よりおバカだと思う。

ただ、各ソフトの表示は、考えられているとは思った。
メモ帳のテンプレートも考えられていると思った。
「クイックフォーム」という面白いソフトもあった。
もし、開発を進めていれば、今ではとても使い勝手の良いPDAになっていたと思うと、開発が終了され残念(TOT)

帰宅して、早速、購入した液晶保護シートを添付した。
今後は、使用しないと思うが、たまに起動させて、ポチポチと遊ぼうと思う。

CASIOのサイト内のページかどうかわからないが、ココにカレイドのシリーズについての掲載があったので、リンクを貼っておこう。

今日は、本当はXM-700だけを購入する目的だったが、何と!シャープのTelios(テリオス)HC-AJ2をJUNK品で発見したので、購入してしまった!
税込み10500円。
ずっと前から、テリオスは欲しかったので、念願のものを購入できた。
しかし、帰宅してACアダプターが純正品でなかったので、がっかりした。
JUNK品はこういったことがあるので、私は気を付けている方だと思うが、今日は失敗してしまった(T-T)
一応、充電は出来るようなので、よしとしよう。

ボタン電池は、CR2032が2個必要だったが、家に2つあったので良かった。
Windows CEなので、画面をタップ出来ると思ったが、「オプトポイント」という内臓マウスで、画面のマウスポインタを操るので、ちょっと使い辛かった。
私には、モバイルギア(MC-R510)があるので、今すぐに使用することはないかもしれない。

HC-AJ2の画像



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA